読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚ろぐ | 空疎雪渓

ここは何かするかもしれない有末有子の適当なブログです。時々、新都社の運営もしています。

時々使いたくなるがググるのが面倒な時のためのメモ

個人的なメモです。ちょこちょこ追加していきます。

 

画面外にウィンドウが出て見れなくなった時の対応方法

窓を選択しAlt+Space→最大化→タブを移動

※別PCと共有しているアプリとかでよく起こる。

 

Windows10用:2画面(デュアルモニタ)で背景を別々にしたい場合

プログラムとファイルの検索で

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

と入力するとデスクトップの背景が開くので、使いたい背景を右クリック→使用したいモニタを選択。

※外部ツールとか要らない。

 

消えたサイトを見る方法

Internet Archive

で見れる。

※見れないものもある。

 

新規PCにインスコしたいものリスト

スタートメニュー改良:Classic Shell

ローカルファイル検索:Everything

フォトビュアー:MassiGra

 

関連ページ

ku-so.hatenadiary.jp

スマホゲーのアナザーエデンがガチで面白い。

f:id:ku-so:20170415201536p:plain

2015年のTGS東京ゲームショウで発表され1年半待たされたが、ようやく今月4月12日にリリースされたアナザーエデン。

発表当初からクロノトリガークロノクロス加藤正人さんと光田康典さん*1が参加していると知り気にかけていたタイトルで2016年にリリース予定だったが、闘会議2016のニコ生アンケートでリアルタイム制で作られていた戦闘システムがターン制に切り替わる事になっちゃう等、なかなかリリースされないし大丈夫かこれ?と思っていたが蓋を開けてみたところ―

スマホなのにすごい意欲作でコンシューマRPGが好きだった人は遊ぶべき作品だと思った。

前述の通りクロノトリガークロノクロスが好きだった人、そしてクロノブレーク*2が出ずにがっかりしていた人には特におすすめ。

 

どんなゲームよ?

f:id:ku-so:20170415195856j:plain

孤児で村の爺さんに育てられた主人公が、魔族に連れ去られた妹を助けるべくネコに誘われ未来に飛ばされたり、未来が書き換えられ過去に飛ばされたりするタイムトラベルモノのRPG

クロノトリガーではクロノ出生に秘密要素はなかったが、今作は主人公兄妹に謎がある様子。サラとジャギ姉弟を扱ったクロノクロスのような重みを持ったストーリーが近いか。ストーリーの根底に星が見ている夢という設定があり、加藤節全開だコレ感あって良い。

f:id:ku-so:20170415204843p:plain

全26章構成*3Twitterのキャンペーンにてリリース時から全章が開放されているので最後まで遊べる様子。私は20時間程遊んで9章まで進んだので、丁寧に最後までプレイすればクリアまで50時間は遊べそう。

初っ端から全章開放するとなると後々の追加要素をどうするのかが気になる所。なおファンサービスかカエル(サイラス)が居る。いいのかこれ?

f:id:ku-so:20170415214934p:plain

 

ゲームシステム

今作はスマホゲーによくあるホーム画面が存在しないのが非常に良い。ハードがスマホなだけでコンシューマーRPGゲームと変わらないかそれ以上だと思う。他社も見習ってほしい。

 

フィールド

f:id:ku-so:20170415204210p:plain

フィールドは横移動だけでなくロール式で、右上のミニマップでもわかるように上下にも移動出来るようになっている。

今作はエリアチェンジやバトルがシームレスに行われる事。ロードを感じさせないのが素晴らしい。

f:id:ku-so:20170415204534p:plain

ワールドマップも存在し1度行った場所にはワープも可能。多分時間移動もそのうち自由になるんだろうと思うとワクテカ出来る。

 

戦闘

f:id:ku-so:20170415204943p:plain

流石にアクティブタイムバトル2ではなく、ターン制コマンドバトルでメンバー4人と控え2名という構成。控えキャラは死なない限り自由に入れ替え出来、控えにいる間は1ターン毎に10%程HPとMPが回復する仕様。

リアルタイム制を一部残したのか右上のゲージが溜まるとアナザーフォースという一定時間スキル使い放題モードに移行。アナザーフォースは負荷が大きいのかスマホによっては連打しすぎると過負荷でゲームが落ちる*4のは欠点、改善に期待。

非戦闘時は宿以外回復することが出来ない*5ので基本戦闘中に回復する必要があるものの、死亡してもHP1で復活する。また全滅時は町に戻されるだけでデメリットがほぼ無いので遊びやすい。

 

町の施設

無料の宿屋とよく解らない酒場、そして鍛冶屋の3つが基本。

鍛冶屋については敵やフィールドで得た素材を鍛冶屋に売ることで武具が追加される。売った数で作れる数が決まっており、戦闘をすればするほど素材そしてお金が手に入り武具が買えるシステムで非常にわかりやすい。

f:id:ku-so:20170415224453p:plain

本ゲームでは図鑑要素もあり、装備しなくても図鑑のコレクション要素でとりあえず1つ買いたくなるが流石にお金はそこまで余裕がないのが悩めるゲーム性。図鑑は装備種別に5つ単位でガチャ用の石が手に入ったりもする。

 

UI(メニューまわり)

f:id:ku-so:20170415210015p:plain

メニューはシンプルかつ見やすく作られており非常に遊びやすい。SSを見れば普通にRPGだ感がよくわかると思われる。

f:id:ku-so:20170416193109p:plain

f:id:ku-so:20170415210229p:plain

またオートセーブなので気軽に短時間でも遊ぶ事が出来るのも利点。

UIに若干うるさい私としては、メニューは左上の【戻る】と右上の【閉じる】の配置が下にあるほうが使いやすかったんじゃないかとは思う。また【戻る】は1段階飛ばして初期画面まで戻るのは使いにくいので修正してほしい。

 

スマホゲーだけど課金要素は?

プロデューサーの高大輔さんがイベントの動画配信で「ソシャゲやめてみたwww」とかぶっ飛んだ事言うからマジかよ?とは思っていたが、実際このゲームはスマホゲーであってソシャゲでは無い。その為課金要素が薄く、非課金でも十二分に遊べる。しかも無料配信だからタダで遊べちゃうのはすごい。エグリアも気になるし買うかーとか思ってたけど、1200円するし一旦お預けになってしまった。

一応説明すると課金要素であるガチャを回すと、メインシナリオにかかわらないサブキャラが仲間になる。サブキャラだし別に要らないっちゃ要らないし、ゲーム内でもわりと石を配布しているのでよっぽど欲しいキャラが居ないかぎり課金の必要性はあまり感じない。初回リセマラの必要性も薄いので気楽、美少女キャラが出なかったら残念という所か。

補足説明するとレベルアップ時に得れるAPを使いキャラの能力を強化する要素があり、★3キャラはLv27★4キャラLv54以降成長が鈍化するので★3だけでは辛いと思われる。しかし★4は排出量もそこそこあるので、このゲームが今後ソーシャル要素を実装したりして更に遊びたくなったら課金すればよくね?程度かなぁと。

個人的な話では初回専用ガチャで出たキャラ(ビヴェット)が10連ガチャの最終*6で出てきたのはショックではある…*7ダブるとキャラの強化要素はあるので無駄ではないがやっぱ★5も欲しいよね。

f:id:ku-so:20170415215520p:plain

 

最後に

スマホゲーは無料が基本なのでとりあえずインスコし遊んでみても長続きしないものが多いがこのゲームはアタリ作品。今のところ★5つの90点。

トーリーが気になるのは加藤さんがクロノブレーク(BREAK/BRAKE)でやりたかったけど出来なかった星の夢の話を書き直しているのかなぁと勝手に想像。

作りが丁寧だしどれだけお金かけたんだろうと思う出来。スマホゲーでこんなの作れるなら任天堂はもっとFEヒーローズでがんばっとけや感すらある。

課金要素が薄すぎて流石に広告入れないと収益やばくないか?と思ってしまったので、メニューに広告つけるとかしてくれても良いと思った。今からでもつけていいやで。

 

以上、再び遊んできまっす!*8

 

17/04/15 初稿。

 

*1:OP曲だけで他は同プロキオン・スタジオのスタッフが作曲している。森の曲とか好きだしまあまあ良い。

*2:補足:商標的にはブレークで、ネットじゃクロノブレイクの名のほうが検索出て来るっていう。

*3:加藤シナリオはアニメでいう2クール(26話)で割り振った作品多いけど趣味だろうか?

*4:Nexus7 2013だと発熱でたまに落ちるw あと電池消費量が激しく充電が追いつかない事もある。

*5:食事という要素はあるものの使うと無くなるのでよく解っていない。

*6:10連回と最後の1回がレアのみに絞られる、存在に気づくまで600程つかってしまって無事死亡。

*7:ビヴェットちゃんはきっとパンツ履いてないよね!!!よね!!!!

*8:そいやグリー株買うの忘れてて辛み。当日50円も上がってやんの…

アライアンスアライブ体験版のレビュー

3DSアライアンスアライブ体験版が出たので遊んでクリアしました。のんびりプレイで2時間程、早解きなら30分くらいでクリア可能かと。

体験版は製品版へのタレントポイントの引き継ぎもあるようです。*1

 

グラフィック

3DSのパフォーマンス的にSDキャラになるのは仕方ないが、むしろSDキャラだから表情やエモートがゲームらしい。

f:id:ku-so:20170330210240j:plain

マップもPS1・PS2時代のRPGのような作りで、世界観の雰囲気も良い。

f:id:ku-so:20170330004229j:plain

f:id:ku-so:20170330210311j:plain

BDFFと同等のグラフィックかなと。

 

戦闘

序盤だからだろうが雑魚戦はサクサク進むし、ゲームオーバーになる事もなかった。Lv制では無いものの戦闘をすることでHPやSPが時々上昇するのと、戦闘を倍速・倍々速にすることも出来るので、シンボルエンカウントも逃げずに戦って気にならない良バランス。

f:id:ku-so:20170330211248j:plain

とはいえ、水辺に行けば滅茶苦茶強い水魔が出て来るし、北に寄り道した先では白ユリが出て来る。体験版のダンジョンで宝物を守る鎧もそこそこ強敵で楽しめた。もし負けそうな時でも逃げたい時にすぐ逃げられるようになっているので良いシステム。

f:id:ku-so:20170330211702j:plain

戦闘終了後HPは回復するので、非戦闘時にアイテムで回復という面倒なことはしなくて良いのは◎。戦闘時にアイテムを使いたい場合は装備しないと使えないので注意。酒場等で解説が欲しかった。

f:id:ku-so:20170330212418j:plain

装飾品のかわりにアイテムを装備するスタイル。道中手に入る薬入れを装備すれば薬系はそれで賄える様子。

また印術も対応武器を装備していないと使えないので注意。印術を使えるようにとガリルにアーシュラが持つ形見の短剣を装備させていたが、重要アイテムだったらしくイベント時にアーシュラが持ってたりしたのは微笑ましい。

 

技術・覚醒

戦闘中攻撃すると時々覚醒し新技を会得するのが今作の楽しさではあるが、倍速にしているとどういう技か分からないのは不親切。あとSPが少ないのとSP回復薬が体験版では存在しない一部モンスターのドロップしか無いので、新技を覚えても使う機会があまりなかったのは勿体無い。

f:id:ku-so:20170330214537j:plain

タレント強化で消費SPを減らす事が可能なので、それで弱い技を封印し強い技に切り替えていくのがスタンダードな遊び方と思われる。武器別のタレントがどの武器も同じタレントしかないので武器差は主に技次第か?

f:id:ku-so:20170330005718j:plain

f:id:ku-so:20170330205144j:plain

武器別のタレント(資質)性能には差がない。

1キャラで色々な武器を使わせるとタレントポイントが足りず終盤の敵が強くなりそうなのでなるべく一点集中したほうが攻略楽そう。

 

BGM

浜渦さんの曲は今作も良く、公式サイトで流れていたテーマソングが戦闘BGMとは思っていなかったので意表を突かれた。

フィールド戦闘は強敵以外戦闘曲は流れないが、前述の通り雑魚戦はサクサク進むのでBGMを切り替えない今のままほうがスムースで良いと思う。

 

シナリオ

詳しくは体験版をプレイしてみようということで説明は省くが、昔のRPGのようなワクワクするものがあったので発売が楽しみ。

f:id:ku-so:20170330201745j:plain

体験版ラストでキャラの絵面がプラチナゲームスのアレみたいになったのは比較されてしまうんだろうかw

 

体験版シナリオとは関係ないが森にも入れた。地味に遊べる。

f:id:ku-so:20170330214609j:plain

体験版ではSP回復アイテムは森でしか手に入らない(たぶん)。

 

UI

画面下にどのボタンをおせば何が出るかゲーム内で適切に説明があるのは親切で、フレーバーテキストも丁寧な作りだなという印象。

下記に書いた点以外は気にならなかった。

 

UIで気になった点。

  • フォントサイズが小さめで若干読みにくいので批判されそう。※私はまあこんなもんだろと妥協
  • 少し重要なテキストはフォントが黄色になるが、夜間照度次第で通常テキストとの判別がしにくい。f:id:ku-so:20170330200456j:plain
  • ムービー時のテキスト送りが若干早いなと思ったが、かといってボタン押すまで進まないのも嫌なのでこのままで可。
  • メニューはYボタンで開くようになっているがなぜXにしなかったのか疑問。
  • クイックセーブがタッチパネル限定操作になっているので余っているボタンに配置を希望したい。
  • 電波切り替えもボタン配置されてればよかった。
  • 技術一覧にソート機能があれば良い。
  • フィールドマップの向いている方向が移動可能範囲の色とかぶるので、移動不可部分が分かりにくい。f:id:ku-so:20170330005511j:plain
  • フィールドのカメラ回転にNew3DSのCボタンに対応していないので対応してほしい。
  • フィールドで狭道に入るとカメラが真上視点に切り替わるが、これが出来るならカメラの拡縮や上下回転も出来て欲しかった。

    f:id:ku-so:20170330214144j:plain

  • メニューでキャラの横回転が出来るなら縦回転でパン(ry

 

最後に

体験版の評価は★4つの85点って所です。

なお同開発のレジェンドオブレガシーは発売日購入でプレイしたものの、逃げられないシンボルエンカウントや雑魚が強すぎる問題でクリア出来ずに投げてしまってます。

といってもそれだけで次回作買わないってならず、3DSで新作RPGを出すというのは重要なので本作は予約済。

任天堂は次回のネコマリオで体験版プッシュすればいいのね。

 

パンツも見えるやん!?

f:id:ku-so:20170330212657j:plain

アーシュラは白、覚えとこう!?

 

17/03/30 初稿。

17/03/31 一部テキスト修正。

*1:製品版引き継ぎ要素は累積のタレントポイントなので使って強化しても問題ない。なお初期値3000ptで4000ptまで引き継げる。雑魚が1体3pt程なので1000pt貯めるのには結構時間かかりそう?

株式投資が安定してきたのでメモ

2014年11月から株式投資を始めたんですが、2016年の秋から勝率が安定してきました。

ようやくですが、自分なりのコツを見つけたっぽいのでメモを書き留めておきます。

 

投資仲間が増えたらいいな~とは思いますが、株は金がかかるゲームなのでやるなら余剰金で遊ぶ程度にしましょう。ドハマリしちゃだめよ。

 

まず過去にチャレンジして失敗した事から説明します。

 

デイトレニートでも厳しい。

最初の頃は凄腕?デイトレーダーiimura masaoさんを参考に数ヶ月試してみました。

毎日手頃な銘柄をツイートしてくれるので、それを見て朝8時から9時頃までモニタに張り付き、手頃な銘柄から更に買うものを選定します。

デイトレに使うのは買特か売特が付く銘柄ばかりなので買って数分後に売るという短時間勝負、10時には今日のトレードは終了。

経験がものをいうのかもしれませんが、勝率は6割くらいで安定して増やせるというものではありませんでした。

 

敗因(負けたわけではないが)

そもそもデイトレに使う銘柄選定を自分で行う事が出来ないので、良くわからない要因が多い。

売買の動きが早すぎて◯◯円まで上がる・下がるなど適切に予想が建てれないと、10秒後には損失になる可能性もあり厳しい。

 

好きな銘柄を作ろう!(絶対作るな!!!!!!)

私はわりとゲーム好きなので、株始めて数ヶ月後には任天堂(7974)買ってました。

当時の株価は12000円程だったんですが、それがDeNAとの提携で一時20000円を超えたり、なかなか動きがなく14000円まで戻ったり、ポケモンGOで一気に32000円にぶっ飛んだり、任天堂がポケGOの利益は軽微だと情報出したら22000円まで戻ったり、マリオランで一瞬30000になったと思えばSwitch期待感で22000円に戻ったり、今日(17/03/10)現在だと24800円ですね。

 

株は1単元が100枚とか1000枚になっている為、仮に任天堂が12000円なら120万円になります。

任天堂は私が普段扱う他の銘柄に比べ10倍高いため、この銘柄がジェットコースターのような動きをすると、利益が飛ぶ事もあれば損失が補填されることもある感じです。

 

いいタイミングで任天堂を買ったので一応プラスにはなりましたが、問題は任天堂を私は趣味で買っているという所です。

趣味で買う株は何か目的があって買うわけですが、任天堂の場合は6月に京都に遊びに行く口実で、つまり株主総会に出てみたかったという話。

それなら決算の3月末だけ持ってりゃいいじゃんという事もいえますが、この数年上記のような波だった為、「今売ると損するかも?」という気分でずっと握ってました。

一応マリオラン配信時の30000円で売ったりもしましたが、26000円まで下げた後の「そろそろ大丈夫だろ」という希望的観測で買い直しました。結果22000円まで下がっちゃったので一時は40万円ふっ飛ばしたりもしています。

といっても売らなければ損失ではないのでそのまま握ってる感じです。

 

好きな銘柄のことを私は【趣味銘柄】と呼んでいますが、稼ぐ以外の目的を併用して趣味銘柄を持つと痛い目にあうことがあります。なので趣味銘柄は作らないほうが良いです。特に普段扱う名柄より10倍も高いものはヤバイ。

 

最近見つけた失敗しにくい方法

私はこの手法で最近負け無しですが、たまたま運が良かっただけってのもあるだろうし参考は程々に。

 

基本的にチャート見て、スウィングトレードで行っています。

最初に見るのは月足と週足、この波が良ければ日足見て適当に成行きで買います。

 

試しに、2/6に買ったカルビー(2229)を参考に見てみます。

まず月足で見ると12月に底、01月に上昇しています。雰囲気的に良いかんじです。

f:id:ku-so:20170310132517p:plain

 

次に週足を見てみると5週線を25週線が越えようとしています。ゴールデンクロスってやつです。

f:id:ku-so:20170310132832p:plain

 

「これなら数ヶ月持っててもいいかなぁ4500円くらいまでは様子見出来るかも?」という気分になったので、当時の日足は一週間の値動きは上に行くか下にいくか分からない感じでした。

f:id:ku-so:20170310133256p:plain

ここで先ほど見ていた月足・週足が役に立ちます。

「日足はどっちに動くか分からないが、月足・週足は良いと思える!」

というわけで買ってみました。

結果的に03/09現在4075円なので44400円のプラスですね。1ヶ月で+4万円と考えりゃいいお小遣い稼ぎではないでしょうか?

なおカルビーは月足の5ヶ月線と25ヶ月線が交わるあたり(4500円程)までは売らずに握っていても大丈夫そうです。日足・週足で波はあっても月足は余り裏切らないという感じですね。

 

02/07に買ったコーエー(3635)も当たりでこっちは一週間で売ってしまいましたが、その後も伸び続けて03/09現在2289円です。売るのが早すぎた。

f:id:ku-so:20170310193937p:plain

 

つまり?

とまあこのように月足・週足見て適当に選んでます。

これを感覚で行ってるわけですが、結局のところ…

f:id:ku-so:20170310134235j:plain

 と似たようなものです。

 

あといい感じの銘柄でもドーンと上がると翌日ドーンと下がる事もあるんで、一瞬でもウリドキ感じたら適当なとこで売っちまいましょう。コーエーがその例です。

 

株で生計建ててるならともかくお小遣い稼ぎ程度なら、1銘柄1単元で6~10%の利益で十分です。30万の株なら2,3万円って所ですね。

稼ぐなら損しないことが重要です。予想通りに動かなかったら(-3%程度で)ささっと売って引く事も肝心。

 

終わりに

というわけで扱ってる銘柄や頻度が多いわけじゃないですが、この方法で買った名柄は今のところ負けていません。

問題は私はまだ趣味銘柄を持ち続けているということです。

任天堂にぶん殴られて今年(01~03月)はマイナスだよ!!!!!!

Switch効果でようやく戻りそう…DeNAも頑張って…

 

 

1703/09 初稿。

FEヒーローズを遊んだのでレビューしてみた。

f:id:ku-so:20170217132440j:plain

17/02/02に配信が開始されたFEヒーローズを2週間程遊んでみたので適当にレビュー、というか批評。

任天堂初のまともなソーシャルゲーム*1という事で出発したFEヒーローズ、世界39カ国で既に配信されているので課金は捗ってる様子だが肝心のゲームはどうなのか?

 

従来のファイアーエムブレムの主な要素

私はFEを3DSからしか遊んでいないので過去作についてはあまり詳しくはないが、FE覚醒・FEifともにゲームカタログの記事では「評価なし」となっており芳しくない。

FE覚醒ではゲームバランスやシナリオ、FEifでもシナリオが不評なのでこの評価なのだろう。

そのため今回のFEヒーローズを批評するポイントとして以下の3点を重視した。

  • 手強いシミュレーション
  • シナリオ
  • キャラクター

この3点さえ抑えておけばFEは面白い。それはソーシャルゲームであっても面白い。(はず

 

FEヒーローズの批評

手強いシミュレーション

ゲームの中核になるシミュレーションバトルは、タッチでも遊びやすいように上手くスマホゲーに落とし込まれており、従来のFEのように移動後攻撃しようとして誤って行動終了してしまう事を除けば、UIもわかりやすく作られており見やすい。そして面白い。

また今作は回避・命中のパラメーターが無く、運に頼る要素が無いのも遊びやすい特徴。ただそれがウリだったキャラクターの魅力が下がっているのは少し悲しい。*2

難易度設定のルナティックも序盤はレベルさえ上げれば対応可能だが、カンスト後のステージは敵のスキルが通常のものと違い強くなっており理不尽なものもあった。

他、従来のFEだとモードによっては死亡=ロストであったが、今作は死亡=そのステージで経験値を得られないだけ。ハード・カジュアルでプレイする私にとっては気軽に遊べるようになっているのは良い。

 

スタミナ制は微妙かも

序盤は気にならないが、難易度の高いステージで遊ぶと2戦でスタミナが切れて遊べなくなる*3のでスタミナの必要性は疑問。

というのも、今作の課金はキャラクター召喚のオーブ(俗に言う石)に限定されている為、スタミナ回復に必要な回復薬はミッションもしくはマイニンテンドーポイントでしか取得できない。

私は朝・夜・深夜と日に3度程遊んでいるがスタミナを使い切ったら休憩なので、長く遊びたいと思っても遊べないのは好ましくない。

スタミナの上限を引き上げるか消費を減らすか、何らかの対応はあって欲しい。

f:id:ku-so:20170226215751p:plain

一番消費が激しいステージ、1度クリアすれば終わりではあるが難易度が高いので試行回数が必要。

 

闘技場は厳しすぎ?

このゲームの主なソーシャル要素。キャラの★を引き上げるのに使う「英雄の翼」取得目的で行う。

他ユーザーのキャラ(NPC)と対戦し、敗戦するか7連戦した時点でのスコアを競う。

スコア次第で英雄の翼(羽)がボーナスで貰えるが、他者と競う順位はなかなかランク内に入る事が難しい。*4

闘技場自体はなかなか面白いものの、これに関わるミッション(ノルマ)については理不尽で、ノーマルで20戦、ハードで40戦、ルナティックで80戦勝利すれば羽を1000枚ずつもらえるのだが、対戦権は1日に3回しか回復しない。対戦権はミッションやマイニンテンドーポイントで得る事は出来るが無理ゲーな気はする。

 

f:id:ku-so:20170226215359p:plain

羽は欲しいが厳しい。

 

シナリオ

申し訳ないが全く印象に残らない。

というのも、過去作のキャラが今作の世界に召喚されプレイヤー達が戦う内容*5で、過去作の話が語られる事もなく戦う。

メインシナリオは過去作のキャラに頼らずに新規キャラのみ(10名程追加)で進むものにしてほしかった。

 

また期間限定イベントの外伝もメインストーリーとやっていることは同じようなもので、メインもこれで良くないかと思うほど原状は希薄。

他にも従来のFEであれば戦闘中の会話や増援など話を盛り上げる要素が多数あったが、今作は戦闘前後に会話イベントがあるだけでメインストーリーの薄さが更に際立つ。

 

プレイヤーも別世界から召喚されたっぽいが、今作はマイユニットが無いのでなんとも地味。

ストーリーを面白くしないと、シナリオに期待していた層は「別ゲーでいいかー」となると思われるのでテコ入れしてもらいたい。

テラバトル程度でいいのでマップ移動してる感があればいいが、FEヒーローズはFEに度々登場する「異界の門」を都合よく使いすぎた感じはした。

f:id:ku-so:20170226215443p:plain

シンプルで分かりやすくはあるが、戦場を渡り歩いている感が薄いのでワクテカしない。覚醒のようなマップがほしいなぁ~~~♥

 

キャラクター

キャラゲー要素

ソーシャルゲームの主な課金目的であるキャラクター。

キャラゲーでもあるファイアーエムブレムとの相性は良いと思うが、FEヒーローズはキャラクター数が多いため、様々なイラストレーターが各々の絵柄で参戦している。

その為好きな絵柄とそうでない絵柄があり、ゲームとしての統一感が薄れると感じるのはマイナス。

好きな過去作のキャラが思ってたのと違う方向にマイナーチェンジされる事もあり得るので、キャラ追加時は過去を知るほど微妙になるケースもある様子。*6

 

また海外展開の都合もあり、イラストの許容範囲やテキスト・CVの実装ペースが遅くなるのではと思える。

例えば(私はプレイしていないが)グランブルーファンタジーはキャラクターの絵柄を合わせて作られており*7、バレンタインイベント*8等テキスト周りの作り込みも充実しているのが魅力的だ。

またR18では無いものの性的なイラストも多い事から二次創作の餌にも繋がり、東方Projectの二次創作を行っていた作家が鞍替えする程強力なコンテンツになっている。

 

FEヒーローズに同じものを求めるわけではないが、キャラクターの魅力引き上げやフレーバーテキストを充実させて欲しい。

 

趣味かもしれないがキャラ追加のアップデートであまりブヒれないのはソシャゲとして弱み

過去作をよく知らないというのもあるので次回に期待。

 

兄弟愛多すぎだろ!!!w

嫌いじゃないけどさ…w

 

育成要素

Lvは40でカンスト、同キャラ同★を合成させることでステータスの底上げも可能。

今作はソシャゲに良くある、"同じキャラでも★の数によって強さが異なるゲーム"ではあるが、★を引き上げる要素が実装されている。引き上げには闘技場等で手に入る羽が必要になるが、★4から★5への引き上げには2万枚必要なので容易くはない。普通にプレイしていて2ヶ月に1体引き上げれるかという所か。

 

また同キャラでも敵だけが保持している奥義を確認した、今後スキルを付加するシステムが追加されるのか気になる所。使いにくいが好きなキャラが使いやすく大好きなキャラになることを期待したい。

 

来たわ(17/02/24追記)

 

ガチャ

★の引き上げもあるので、他のソシャゲより課金が厳しくない・遊びやすいと考えていたがそれは間違いだった。

というのも、全キャラが★1~5存在しているわけではなく、★5限定キャラや★4までのキャラが存在する。

これはつまり★の引き上げ要素があっても、キャンペーン期間中の★5限定のキャラはガチャで引かない限り使えず、今後★4以下が実装されない限り、キャンペーン期間を跨ぐと入れるのが更に難しくなる*9

★5の引きが悪いと回数に応じて★5が出やすくなるボーナス要素があるが、★4以下が存在しないキャラの取得はなかなかシビアではある。*10ちなみにボーナスはガチャ毎に設定されているので出るまで引かないと勿体無いっていう。

 

 

なお、★5限定だったキャラは次回のキャンペーン以降★4が実装されるようなので急いで引くとバカを見る可能性もある様子。ただ30%前後の中に数十キャラが収められているので更に運便りとも言える。

 

総評

ストーリーをどうにかして欲しいと思うが、2/20現在は毎日楽しんで遊べている。*11

評価としては5点満点で★4つ。100点満点だと70点くらいか。

 

射幸心は少し煽られているが、継続性はSwitchのゼルダの伝説3DSのアライアンスアライブ、FEエコーズ以降どうなるか。

気に入ったキャラ以外育てる気はあまりないし、ストーリーもすべてコンプし、羽を集める以外することがなくなると、後は公式のアップデート次第。

 

以上。

 

17/02/20 荒削り初稿。

17/02/22 一部修正。

17/02/24 アプデ追記。

17/02/26 画像追加。

*1:miitomoという良くわからないものがあった。

*2:ifだと回避バカのカザハナをよく使ってた。

*3:ルナティックの9章5節は消費23、とはいえ1度クリアしたら行く意味はないのだが…

*4:スコアは3000で毎週最大1600貰えるが、ランク入はスコア3500でも現在10万位に入れないくらい厳しい。

*5:申し訳ないがあまりにワクテカしないので飛ばし飛ばしでテキストを読んでいます。

*6:公式Twitter参照

*7:皆葉英夫だけかと思っていたがそうでもないらしい。

*8:丁寧すぎだろ… グラブル - バレンタイン会話 (2017年 グラン) - YouTube

*9:キャンペーン中のキャラは3%出やすい。

*10:エイリーク欲しいんやけど20回廻してもでにゃい…これがガチャか…

*11:羽を20000枚集めてニノを★5にするまではがんばるぞい!→★5に出来たわ