虚ろぐ | 空疎雪渓

ここは何かするかもしれない有末有子の適当なブログです。時々、新都社の運営もしています。

Twitterのシャドウバン(Search Suggestion Ban)が辛い

最近話題になってるTwitterのシャドウバンですが、私みたいな気にする方にとっては結構えげつないなーと思ったので記事にしてみます。

 

シャドウバンについてはググれば出てくるので興味ある人は調べてください。

アカウントがシャドウバンになってるかは下記サイトで確認可能です。

shadowban.eu

 

Search Suggestion Ban

シャドウバンの1つにSearch Suggestion Banというのがあります。

案外引っかかりやすいようで、知り合いのアカウントも確認したらいくつか対象になってました。

これになると通常の使い方をしている方からの検索結果に表示されないようになります。*1

 

一応、検索結果に表示出来るようにする設定があり、Twitter設定のプライバシーとセキュリティ下部にある検索項目で、【センシティブな内容を表示しない】のチェックを解除すれば見えるようになります。

f:id:ku-so:20190518220358p:plain

ですが、わざわざ解除している人が多くなさそうだなぁ…ってのが闇。*2

 

 

問題点

Search Suggestion Banが困るなぁと思うのは、主にハッシュタグの検索結果に表示されない事です。

 

Twitterの場合、告知や宣伝にハッシュタグを用いる事が多いですが、Search Suggestion Banの場合はハッシュタグでの検索結果からも漏れるんですね。拡散力が何分の一になるか解らないですがかなり減る気がします。

ハッシュタグで参加するアンケートなんかも、集計する方が設定変更していなければ見えない事になり萎えます。ですのでアンケート取る方は設定を解除して集計してください。

私だとたまに絵を描きますが、ハッシュタグつけて拡散したいなーと思ってても拡散されないですし、伸び悩む理由がコレなのでは…っていう気づきを得て落ち込んでいます。*3

 

逆にハッシュタグを使わなければ然程影響無いと考える事も可能なので、創作しない方なら然程問題ない気もしますね。

とはいっても災害時に救出してもらう必要が生じた際、多くの非フォロワーに貴方のツイートは見えていないというのは問題が生じそうです。

 

数日ツイートしなければ回復するらしいという噂はありますが、噂レベルで具体的に解除する方法はありません。Twitter社はAIが勝手にやってるから知らないと今は言ってますが、声をあげてTwitter社に対応してもらうしかないのかなというのが現状です。

 

 

これどうにかならないですかね…

新アカウント作れば?ってのは解決方法としては良くないですし。

 

追記:

思い当たる点があったので1つ試してみた所1ヶ月ほどで解除されました。

#逃げるように退社、と10年ほど退社時間をメモってるんですが、こちらハッシュだけ投稿していたので、コメントつけてみたところ解除されたようです。

もしこれでなければ、ツイート数を少し減らしてみたのもあるかもしれない。

 

19/05/19 初稿

19/07/04 追記

*1:他にもログインしていない状態でTwitterを見ても対象ユーザーが表示されない等がある

*2:【センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する】にチェックを入れている人はいても、検索設定は触れていない人が多いのではと思っている。

*3:下手だからという理由は別